医療ホワイトニングとセルフホワイトニングの違いは?


こんにちは!
神戸市東灘区の神戸住吉駅前歯科(ママとこどものはいしゃさん神戸住吉)、院長の中村元です。

歯の黄ばみや着色汚れなどでお悩みの方もいるのではないでしょうか。
歯を白くする方法として、ホワイトニングがあります。

ホワイトニングの中でも、歯科医院で行われる「医療ホワイトニング」と
最近専門店も増えている「セルフホワイトニング」があります。

本記事では、これらのホワイトニングの特徴や違いについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

■医療ホワイトニングとは?

医療ホワイトニングとは、歯科医院で行っているホワイトニングのことです。
歯科医師や歯科衛生士などの専門資格保有者から施術を受けることや指示に従って歯を白くしていきます。
医療ホワイトニングには、「オフィスホワイトニング」、「ホームホワイトニング」、「デュアルホワイトニング」などの種類があります。
それぞれの特徴は以下の通りです。

・オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院ですべての施術を行うのが特徴です。
過酸化水素と呼ばれる特殊な薬剤を使用して歯を白くしてくれるため、即効性が高いのがメリットです。
短期間で歯を白くしたい方におすすめの方法と言えます。

・ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅などの歯科医院以外の場所で行うのが特徴です。
歯科医院から処方された薬剤やマウスピースなどを使用して、歯科医師の指示に従いながら、自分自身で歯を白くしていきます。
ホームホワイトニングを少なくしたい方におすすめの方法です。

・デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。
短期間で白くでき、白さを長持ちできます。

■セルフホワイトニング

セルフホワイトニングとは、サロン、美容室、専門店、ご自宅などで行われるホワイトニングのことです。
自分でマウスピースを使用して、専用の機器や薬剤を使いながら歯を白くしていきます。

最近では、ちょこザップでもホワイトニングが導入されていたり、セルフホワイトニング専門店も増えてきていて、
誰でも、低価格でできる手軽さで注文度が上がっているホワイトニング手法です。

■医療ホワイトニングとセルフホワイトニングの違い

医療ホワイトニングとセルフホワイトニングの大きな違いは、医療行為として行われるかどうかです。

医療ホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士が対応するため、術前に必ず診察や検査などを行います。
薬剤による副作用などの健康面についても、配慮してもらえるので安心感が得られやすいでしょう。
また、しっかりと薬剤が均一に浸透しやすいようにホワイトニング前にメンテナンスをおこなったり、
被せ物や歯の状態を見ながら理想の白さを求めることが可能です。

一方、セルフホワイトニングでは歯科医師や歯科衛生士などの資格保有者が対応するわけではないため、口の中を診てもらうことができません。

一番大きな違いは、使用する薬剤です。
医療ホワイトニングで用いる薬剤は、資格保有者のみが取り扱いができる薬剤で、
歯の表面だけでなく、歯の内側にある着色汚れにも作用するため、本来の歯の色以上に白くすることも可能です。
オフィスホワイトニングの効果の持続性は3ヶ月~2年くらいとなっています。

セルフホワイトニングでも用いられる薬剤は、歯の外側の着色汚れを落とすことができますが、
より白くするための有効成分は法律上の事情があるため配合ができません。
着色汚れが気になるときに気軽にできるのがメリットです。
セルフホワイトニングの効果の持続性は約1ヶ月くらいとなっています。

■まとめ

医療ホワイトニングとセルフホワイトニングは、用いる薬剤が異なるため、効果や持続性も異なってきます。
本当に歯を白くしたいならば、効果が高くて持続性のある医療ホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングについてのお問い合わせやご相談は、随時受け付けております。
歯を白くしたいと思っている方は、お気軽にご連絡ください。

医療ホワイトニングのお試しを3,300円で神戸住吉駅前歯科
https://mamatokodomo-sumiyoshi.com/whiteteeth/